千葉銀行(ちばぎん)カードローンのフリーローンとは

千葉銀行(ちばぎん)のカードローンのフリーローンはどういうもの?

千葉銀行(ちばぎん)のカードローンのフリーローンはどういうもの? 

千葉銀行は千葉県を中心として展開している地方銀行で、国内地方銀行で第2位の規模を誇っています。

 

  • 千葉県内160店舗
  • 東京12店舗
  • 埼玉県・茨城県各3店舗
  • 大阪支店
  • ニューヨーク
  • 香港
  • ロンドン

 

その千葉銀行の商品で、大きなお買い物や旅行、結婚、介護など使い道が自由なカードローンのフリーローンは、便利な特徴がたくさんあります。

 

千葉銀行(ちばぎん)のカードローンのフリーローンについて

千葉銀行(ちばぎん)のカードローンのフリーローンについて 

特徴

最短で即日融資がうけられる

千葉銀行では、カード発行前に融資を行う指定預金口座への入金サービス(カードローン入金サービス)を利用した場合、最短で即日の融資を受けることができ、さらにネットで簡単に申し込みができるので、借り入れまで来店することなく手続きをすることができます。

 

ただし、受付けた時間や審査の状況によっては、2営業日以上の時間がかかる場合があります。

 

銀行ならではの安心の金利

融資の利率は年4.3%〜14.8%の変動金利となっています。

 

例えば2万円を1週間借りた場合の利息は、最高年利14.8%で計算しても利息は56円となり、ATMの時間外手数料よりもお得です。

 

また、借り入れ限度枠の範囲内であれば、1円の少額から何度でも借り入れすることができます。

 

融資利率や借入限度額は審査によって決定し、利率は変動金利なので金利情勢によって変動します。

 

カードローンが利用できる人
  • 契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満
  • 安定した収入がある(パート、アルバイト、配偶者に安定収入のある専業主婦も可)
  • 住居や勤務先が千葉銀行の本支店の営業地域内にある
  • エム・ユー信用保証(株)の保証が受けられる
  • 他にクイックパワー、クイックパワーアドバンスのカードローンを持っていない

 

申し込み

WEBで手続きが完了するので、来店、郵送などが不要

千葉銀行に普通預金口座を持っている場合、申込から契約までの手続きがWEBで完結するので、わずらわしい提出書類は一切ありません。

 

普通預金口座のキャッシュカードを持っていると利用できます。

 

カードを持っていても、住所や名前に変更がある場合には、住所変更等の手続きが必要になります。

またWEB完結申込ができない人は、運転免許証、パスポート、身分証明書などの書類が必要となります。

 

所得証明の提出が不要

通常、融資を受ける際に、必要書類としてあげられる所得証明の書類は、このカードローンでは一切提出の必要がありません。

 

借入と返済

いつでもどこでも借り入れと返済ができる

借入は

  • 千葉銀行をはじめとする全国の都市銀行などの提携金融機関
  • セブン銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、イーネット、ローソンなどの提携コンビニエンスストアなどのATM
  • インターネットバンキング
  • テレフォンバンキングなど

といったところで、いつでも借入することができるカードローンです。

 

返済においては

  • 千葉銀行
  • 全国のセブン銀行、イーネット、ローソンのATM
  • インターネットバンキング
  • テレフォンバンキング

などで返済することができます。

 

毎月1万円からの自動返済

毎月1日に、1万円から自動的に返済することができます。

 

定額返済となっているので、無理なく返済することができ、まとまったお金ができたときにはまとめて返済することも可能です。

 

返済する金額は、返済日前日の口座にある残高に応じて、下記のように自動で決まります。

 

返済日前日の口座残高

返済金額

50万以下

1万

50万〜100万

2万

100万〜200万

3万

200〜300万

5万

 

千葉銀行は県内のたくさんの店舗を抱えているので、ちょっとした時に借入、返済が簡単にできて、主婦でもパートでも大丈夫なうえ、使い道も限定されていないフリーローンなのでとても便利です。
関連:いまのバンクイックを増額する時にはこちらから