消費者金融の審査基準の確認

消費者金融におけるキャッシングについて審査基準パーフェクトガイド

消費者金融の審査の問題は全て解決

近年、キャッシングを利用する方はとても多くなっています。

 

上手に活用していくことによって、急なトラブルなどを助けてくれたり、生活にゆとりを持つことができたりするため、便利な金融サービスの一つとして認知されています。

 

キャッシングを提供している会社はさまざまですが、なかでも消費者金融のユーザーは増えてきており、各金融会社で利用しやすいように工夫がされるようになっています。

 

消費者金融にキャッシング利用のユーザーが集まっているのは、銀行などよりも審査にかかる時間が短く契約がしやすくなっているのが理由です。

 

消費者金融の審査基準について

基準をチェックしている

消費者金融のキャッシングの、審査というのは最短で1時間以内で終わることもあり、気軽に借り入れすることができるのです。

 

審査項目は、以下です。

 

  • 安定した収入があるか
  • 他社でどのくらい借りているのか

 

審査基準に関しては、これが全てと言っても良いでしょう。

 

審査に関しては各サービスで異なり、詳細は公表されていませんので、安定した収入と他社からの借入の2点に問題がなければ借入可能です。

 

もし、審査に落ちたということであれば、書類の不備や手続きのミスだと思われます。

 

不安があれば、当サイトには1秒でわかる借入診断がありますので、利用してみてください。

 

少額の融資であれば多くの方がその審査基準を満たし、契約が可能です。

 

また、申し込み時にはサービスについて丁寧に説明してもらえるので、返済方法なども相談できるようになっています。

 

消費者金融のとても便利なメリットと言えば、

 

50万円以下の借入なら運転免許のみでOK(持っていない方は健康保険証など)
即日で借入可能!平日14時までなら指定口座に振込み可能。土日でもネット申込をして近くの自動契約機で借入できる!
無利息期間があるので、借入してすぐに返すことで金利0円で損することなく借入可能!

 

上記の3条件を満たしているのがアコムなのです。

 

借入診断ができるアコムはこちら(バンクイック限度額の増額のトップページ)

 

 

利用しやすくなった消費者金融のキャッシング

利用しやすくなった消費者金融のキャッシング

消費者金融業者で融資を受ける場合は、他所の消費者金融業者にいくら借り入れがあるかがとても重要な審査基準となります。

 

審査は、安定した収入があり返済能力あるかどうかが一番のポイントとなります。

 

いろんな業者から借り入れていると、返済能力に問題ありと判断される材料となってしまいます。

 

他所の消費者金融業者での借り入れ金額が少ない、あるいは他所の借り入れが無い状態であれば、問題なくキャッシングできるケースがほとんどです。

 

虚偽の申請はNG

消費者金融業者間でもいくらの借り入れがあるかは、情報センターなどの顧客情報を取りまとめている所で確認されており、虚偽の情報を用いて融資を受けようとしても、すぐにばれてしまいます

 

そうなった際には業者に悪い印象を持たれ、信頼度も下がるため、結果的に審査に通りにくくなってしまいます。

 

虚偽の申請だけはしないようにしましょう。

 

即日融資可能

審査を晴れて突破する事が出来れば、借り入れや返済が容易にできるようになるため、お金に困る事があってもキャッシングでなんとか乗り切ることができます。

 

また、消費者金融業者の売りは、なんといって即日融資可能ということです。

 

審査や融資はスピーディーで、全体的に銀行などよりも素早い対応をしてくれます。

 

審査を通りさえすれば、あらかじめ設定されている借入金額の枠内ならば申し込んだその日のうちに融資を受けることができ、ATMなどを利用すれば場所や時間を問わずお金を引き出すことが可能です。

 

グレーゾーン金利廃止

消費者金融業者でのキャッシングは、グレーゾーン金利廃止されたことで、以前よりも金利面が良くなりました。

 

上限金利は利息制限法出資法で規制されていますが、昔はこれらが定める上限金利に差があり、その差をグレーゾーン金利としていました。

 

しかし、平成22年に法律が改定されたことで消費者金融の金利も落ち着き、現在では利用しやすくなっています。

 

厳しい取り立ての規制

昔は、消費者金融業者による大変厳しい口調での取り立てが問題となった事がありましたが、今ではそのようなイメージはなくなりました。

 

消費者金融業者など、お金を貸すことを業務としている業者は、貸金業規制法という法律の元に営業がされています。

 

そこには取り立てに関する規制も記されており、それに違反すると業法違反となります。

 

業務停止命令などの処罰となることもあるため、厳しい取り立てはされなくなりました

 

利用しやすいサービスや法の改正などにより、消費者金融業者は便利に活用することができるようになりました。

 

しかし、お金を借りる前にはしっかりと返済計画を立てて、無理なく利用していくようにしましょう。

 

借り入れの絶対条件は審査通過

借り入れの絶対条件は審査通過

 

お金を借り入れたい場合は、金融機関で手続きをするのが一般的となりました。

 

そして、どの金融機関であっても、融資の申し込みがあった場合はお金を貸し出す前に所定の審査を行うことになります。

 

もちろん、借り入れしやすいとされている消費者金融も必ず審査があり、審査を行わずに貸し出しているところは存在しません。

 

そのため、無条件で誰でも借り入れができる消費者金融はないのです。

 

お金を借り入れることができるのは審査に通過した方のみで、通過しなかった場合は借り入れ不可能となります。

 

一般的な審査項目

業者や借入希望額によって審査項目に違いはありますが、一般的には申し込みをした本人の下記が審査されます。

 

  • 職業
  • 年収
  • 所得
  • 資産状況など

 

申し込み前に情報収集しよう

申し込みをする前には、複数社の情報を集めて事前調査することが大切です。

 

お金を借り入れするためには審査通過が絶対条件となりますが、審査に関する部分だけではなく、きちんと金利条件面についても比較しなければなりません。

 

総合的に判断して、スムーズに返済していける機関を見つけることが重要です。

 

非正規雇用でも借り入れできる可能性あり

正規雇用で安定した収入を得ている人であれば、低金利銀行でお金を借り入れることが可能です。

 

審査に通るか否かは職業年収が重要視されているため、アルバイト・パートタイム・派遣社員などの非正規雇用で働いている人、仕事をしていない人は、収入が不安定の方であれば、申し込みをしても審査に通過することが難しい場合があります。

 

審査では職業や年収を確認していますが、非正規雇用でも安定した収入があり返済していくことが可能な人であれば、借り入れすることも可能になります。

 

これがポイント!消費者金融の審査基準

これがポイント!消費者金融の審査基準

 

 

属性

属性とは、勤めている会社や勤続年数、住んでいる住居、扶養している家族、年収、保険の種類などのことを総じていいます。

 

例えば上場企業に勤めていて勤続年数が長ければ属性がいいとされています。

 

逆に属性が悪いとされるのは、転職回数や転居回数が多かったり勤続年数が短かったりすることをいいます。。

 

属性がいい人には限度額出ますが、属性が悪いといくら年収が高くても、借入希望額の減額が要求されたり、融資自体を拒否されたりとといったことがあります。

 

借入金額

総量規制では年収の3分の1以内が借入できる金額としています。

 

そのため、この基準をオーバーしていると新たに借り入れをすることができません。