七十七銀行のカードローンでお金借りる時について

七十七銀行のカードローンの申し込み方法とお金借りる方法

七十七銀行公式サイトの画像

消費者が急にお金が必要になった時に、資金を確保する方法として、カードローンやキャッシングでお金借りる方法があります。

 

七十七銀行においても、用途・目的に適したカードローンプランをいくつか提供しており、公式サイトなどで申し込みが出来るようになっています。

 

24時間申し込みを受け付けていますので、インターネットや電話でいつでも申し込めます。

 

七十七銀行のカードローンの利息は、年率4.9%から14.8%となっており、比較的低い金利設定となっているのが特徴です。

 

他の金融機関とは違って、教育関連の支払い目的で使えるカードローンも展開しており、消費者の使い道に応じてプランを選べるという利点があります。

 

審査を通過して、正式に契約をすれば、実際に融資や返済が口座を通して使えるようになりますが、融資は設定された限度額内で借入れが出来るようになっている点は、他の金融機関や金融会社の融資サービスと同様です。

 

限度額は、銀行側が審査の際に決定し、多くは申込者の年収によって決まってきます。

 

カードローンを利用する時には、計画的に融資を受けて返済をしていく事が重要であり、利息によっては完済するまでの総返済額が高くなります。

 

七十七銀行のカードローンはそれぞれ違いがあって種類も豊富でした【七十七銀行で借りた体験談】

主婦ですが、5年ほど前から近くのスーパーでレジのパート勤めをしています。子供の学費や仕送りなどで、私の稼いだ分も皆支払いに回ってしまうため、私自身が自由に使えるお金は、ほぼないと言ってもよい状態が続いていました。

 

そんな時、1年ほど前からアンティークドールにハマっとしまいました。いろいろある日々の生活の中で、その趣味にひたる時間があるから充電できて、毎日頑張れるため、私にとってアンティークドールに使うためのお金は絶対に必要なものになっていきました。

 

しかし、月に5,000円程度の出費はなんとか出せましたが、万単位になると無理でした。毎月のことではありませんが、数ヶ月に1度くらいオークションなどで素晴らしい商品が出る事があって、どうしても欲しい時があります。

 

その時の購入資金として、カードローンでお金を借りることを考えました。

 

カードローンといってもいろいろな会社がありますが、普段から利用している七十七銀行なら安心して借りる事ができるかなと思い、七十七銀行のカードローンを調べました。

 

いくつか種類と違いがあったのですが、パートやアルバイト・主婦でも利用できるという「77・ミニカードローン」を利用することにしました。

 

パートや主婦の場合、20万までしか借りられないため、借りすぎにもなりませんし、運転免許証だけで申し込むことができるので便利でした。おかげで、欲しい人形を手にすることができました。

 

電話とネットで七十七銀行のカードローンの増額申請をしてみよう

私はお昼ほとんど時間が取れないため、今まで急な出費あっても食費を切り詰めて乗り切るしか方法がなかったのですが、七十七銀行のカードローンは24時間いつでも電話やネットで加入申請を出せるため非常に助かりました。

 

また契約社員で働いているため収入証明証を他人に見せるのが恥ずかしかったのですが、七十七銀行は運転免許証の提示だけでカードローンを利用できるので便利です。

 

私には身近な親類もいないため、保証人の関係でこういったカードローンの利用はできないと思っていましたが、七十七銀行は担保や保証人が不必要な代わりに保証会社の保証を受ける資格さえあれば借りる事ができるとわかりほっとしました。

 

私の場合は契約社員で働いていたため、限度額が20万円のプランしか申し込めませんでしたが、少なくとも私の生活で10万円以上の急な出費は今までなかったので、こういった手軽に借りられるシステムは非常に助かっています。

 

また限度額以内であれば借入金の増額申請も出さなくて良いため、煩わしい契約はほとんどないといって良いです。

 

そして何より便利だったのが返済方法で、七十七銀行の場合毎月5に返済をする約定返済と随時返済を併用する事で余裕があるときに随時返済する事で余計な利息が発生するのを防ぐ事ができるメリットがあるため、カードローンに抵抗のある人でも安心して利用できます。

 

七十七銀行とはどんな銀行?

現在の七十七銀行の東京支店

 

東京都中央区銀座四丁目 14 番 11 号(七十七銀座ビル内)
※最寄り駅は東京メトロ日比谷線・都営浅草線東銀座駅
(5 番出口から徒歩 1 分)

 

東京支店は平成28年4月2 日に移転して上記住所になっています。

 

仙台市内に本店を持つ七十七銀行は、東北地方、特に宮城県内ではダントツの知名度を誇っています。

 

自分が宮城県内に住んでいた際には、いわゆる都市銀行のATMよりも七十七銀行のそれが非常に多く、振り込みなどにもほとんどが七十七銀行を使っていました。

 

宮城に住んでいるなら、七十七銀行の口座がないと住みにくいのではないか、と思うほどでした。

 

七十七銀行とはどんな銀行か、と言われれば、非常に堅実な銀行と呼ばれています。

 

地元に密着している銀行なのは確かなのですが、経営はとても堅く、収支も全国の銀行ではトップクラスです。

 

という私も実際に住宅ローン審査などをしたことがあるのですが、きちんと調べて十分に返済能力があるのかを判断しているという印象があります。
預金などが失われる可能性が非常に低い印象があります。

 

現在は東京に住んでいる自分でも、定期預金は今でも七十七を利用しています。

 

今、利率は微々たるものなのですが、失われないという安心感は非常にあります。

 

ちなみに東京には支店がほとんどありません。

 

私が知っている限り、東銀座に一店舗のみなので東京での知名度は低いです。その分、東北や宮城への地域密着度は高いといえるのではないでしょうか。