レイク、モビット、プロミスにおける借入限度額の増額について

レイク、モビット、プロミスの借入限度額を増額するには?

モビットレイクの限度額についての図

キャッシング会社で融資を受ける場合に出てくる言葉に借入限度額というのがあります。

 

借入限度額とはそのままで、融資してもらう時に最高でいくらまでならば借りることができますよという金額のことです。

 

大手の会社では大体いくらくらいなのでしょうか。

 

そのことについて学んでおきましょう。

 

借入限度額はその会社の担当者が審査によって決める

借入限度額はその会社の担当者が審査によって決め

借入限度額はその会社によって決められてはいますが、個人が使える借入限度額というのはその審査の担当者がその人の年収や今までの借入履歴などを考えて総合的に判断し、決定します。

 

ちなみにそれぞれの人気大手キャッシング会社で決められている最高借入限度額はアコムやプロミス、モビット、レイクいずれの場合も最高で500万円までとなっています。

 

総量規制の範囲内しか融資はしてもらえない

日本にはキャッシングを利用する時に総量規制という決まりがあります。

 

総量規制というのは自分の年収の3分の1の金額が融資してもらえる最高限度額になるというものです。

 

さらに、年収の3分の1というのは他社の借入れも含めてのことになることも知っておきましょう。

 

つまり、以下のようになります。

 

年収 他社借入額 借入限度額(年収÷1/3-他社借入額)
150万円 0円 50万円
150万円 30万円 20万円
300万円 0円 100万円
300万円 70万円 30万円

 

ですから担当者もその点をしっかりと確認しながら決めます。

 

しかし、総量規制にも例外となるものがあり、それが下記です。

 

  • 借換ローン
  • おまとめローンなど

 

これらは決められたことにしか融資されたお金を使うことができませんし、他社の借金を返済した後は振込みした証拠を提出しなければいけないことも多いです。

 

消費者金融の限度額を増額してもらえるタイミングはあるのか?

借入限度額はずっとそのままの金額ではなく、増額をしてもらうことも可能です。

 

増額は、例えば以下のような場合にしてもらえます。

 

  • 給料がアップして年収が増えた
  • 利用頻度が高く、いずれも延滞なく返済しているなど

 

毎月まめに利用しているとキャッシング会社のほうから増額の案内をしてくれることがあります。

 

そういう時には増額してもらえる最低条件は満たしていることになりますので、増額のための審査を受けてみても良いでしょう。

 

ただし、案内がきたからといって必ずしも審査に通るわけではありませんから、そこは承知しておかなければいけません。

 

条件を満たしていると感じたら自分から増額の申込みをしてみても良いですが、初めての利用から半年以上経過してから申し込むのが無難です。

 

増額の申請はほとんどの会社の場合、電話やインターネットから申し込みできます

 

消費者金融の増額申請の審査は時間がかかる

増額の申請をした場合にも、初めての利用の際と同じように審査があります。

 

しかし、限度額を増額することは貸す側にもリスクを伴うため、初回利用時の審査よりも慎重に行われます。

 

そのため、時間がかかる傾向にあり、即日での増額は期待できません

 

増額申請の手続き自体は、そんなに難しいものではありません。

 

しかし、借入れは借金なので、必要なければ増額せずに利用するのも良いでしょう。

 

いずれにせよ、計画的に使うことが求められるので、返済計画をしっかり立てて利用しましょう。

 

関連:バンクイック増額・増枠の審査と限度額で申請するときに気をつけることはこれです。