カードローンの審査に公共料金の延滞

カードローン審査では、必ず信用情報調査が行われます

公共料金

カードローンの審査が通る通らないの理由に、公共料金の延滞があげられることがあります。

 

電気やガス、水道、受信料といった公共機関の延滞情報は信用情報機関に登録されてはいません。

 

信用情報機関に登録されている情報は、貸金業者の情報になります。

 

また、キャッシング会社の審査基準に、公共の料金の延滞まで調べるという審査はなく、わざわざ役所に電話をして、借入申し込み者のことを問い合わせして延滞しているかどうかの確認をすることはありません。

 

むしろ審査に関係のまったくない個人情報にになります。

 

しかし、延滞をしているとすれば、電気料金や水道料金を延滞しているとしか考えられないので延滞をしていることは事実である。

 

この場合の審査基準でカードローンローンの審査に落ちる原因としては、このような電気やガス、水道、テレビの受信料といった料金の支払い方法をクレジットカード払いで行っていることが考えられます。

 

口座に残高を入れておかないと、クレジットカードの引き落としができなくなります。

 

その状態が続いてしまうと、信用情報機関にブラックの情報が登録されてしまいます。

 

カードローン会社の審査では、必ず信用情報調査が行われます。

 

そこで、クレジットカードの事故が発覚するとその時点で融資は断りになります。

 

そのため、公共料金の滞納が直接の原因でカードローンの審査に通らないのではなく、それに付随してクレジットカードの引き落としができないなど、クレジットのカードの引き落としは何も公共の料金の支払いだけではありませんので、それだけではありません。

 

そのまま、延滞が解消できていないとクレジットカード自体も利用停止になり強制解約になることもありますので、カードローン会社の審査が通らないだけでなく、新たに銀行で借り入れを申込みしたり、別会社でクレジットカードを作成しようとしても審査に通らなくなってしまいます。

 

ただ、審査に関係はないのですが本人確認のために公共料金の領収書の提示を求められることがあります。

 

キャッシング申込みには、運転免許証などの本人確認書類が必要ですが、引っ越したばかりで住所の書き換えを行っていないと、現住所を証明するものの提出が別途必要になります。

 

その別途書類として、電気、ガス、水道といった公共の料金の領収書や印鑑証明書、住民票、携帯の通信料金の領収書といった書類のいずれかで現住所を証明するために、求められることがあります。
関連:バンクイック増額と増枠の審査についてならトップページへ